証券口座の種類と比較 - 証券口座の種類と特徴の比較

証券口座の種類と比較

証券口座と一口に言っても、その種類は大きく分けて、3種類あります。簡単に言うと、なぜ3種類に分かれているかというと、税金対策の為です。まず、一つ目が「一般口座」と呼ばれるもので、株取引で得た利益の計上を自身で行わなければいけない口座です。

株の所得は、年間所得に含まれるので、いくら利益を出したか、確定申告時に必要になってきます。

証券口座の比較情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

この手間を省いてくれるのが「特定口座」です。


この口座であれば、利益が出たときに、証券会社が源泉徴収として勝手に申告してくれるので、確定申告時の利益算出の手間が省けます。
証券会社によっては、源泉徴収有りの特定口座と源泉徴収なしの特定口座の2種類を扱っているところがありますので、証券口座を開設する際に、よく見て開設申込をしたほうがいいでしょう。この2つの証券口座ですが、比較してみて、どちらがやりやすいかというと、源泉徴収有りの特定口座のほうが一般的に利用しやすいようになっています。
株を最初始める時は、このような専門用語がたくさん出てきてわかりにくいのですが、先々のことを考えて、徹底比較し、把握した上で申込することをおすすめします。



そして3つめですが、どこかで聞いたことはおそらくあるかと思いますが、NISAという証券口座です。


このNISAの大きな特徴は、非課税投資額が年間120万円という上限があり、この口座で資産運用する際の税金が免除になります。

配当金に対しても非課税となるので、他の証券口座と比較しても、経費が大幅に削減できるというメリットがあります。