花粉症治療薬は花粉症の症状の緩和や予防効果があります。花粉症の原因を取り除くことはできないため、服用を中止したなら花粉症の症状が出ることもあります。ですから花粉症の時期は継続的な服用が必要です。独自の判断で服用を中止することのないようにしなければいけません。また体質やアレルギーによっては花粉の時期が始まる前から、花粉症治療薬を服用する必要があります。また花粉症治療薬によっては眠気を感じることもあるので車の運転などには注意が必要です。また花粉症患者は他の物質にもアレルギー反応を示すことがあります。花粉症の時期は免疫機能が異常に働くことが原因です。たとえば無水乳脂肪でアレルギーが誘発されることもあります。無水乳脂肪を直接摂りいれることはないかもしれませんが、お菓子やドリンクなどの加工品に入っていることがあります。ですから花粉の時期は原材料をよく確認しましょう。もちろん何が原因でアレルギーが誘発されたかわからないこともあります。アレルギーが出た時は食べたものを記しておきましょう。たとえば無水乳脂肪でアレルギーが出たなら、乳製品には注意が必要かもしれません。規則性があることもあれば、何の規則性もないように思えることもあります。花粉症患者は花粉の時期が終わっても、別のものに誘発されて別のアレルギーが出ることもあります。こうした症状に対処することは簡単なことではありません。治療薬と共に生活習慣や食生活を大きく変える必要があります。免疫機能が正常に働くようにしなければいけません。栄養価の低い食品は避けることも大切です。また腸内環境を整えることも大切です。腸内環境とアレルギーは密接な関係があります。