花粉症治療薬や皮膚炎薬と言えば、抗アレルギー薬のことです。他にも気管支喘息やほこりアレルギー薬としてつかわれています。抗アレルギー薬はよく効きますが、副作用もつきものです。その1つが眠気です。薬局で薬剤師さんがこの薬の説明をするさい必ずと言っていいほど、この眠気について説明します。この薬を服用してから車の運転をすると、眠気で交通事故を起こすことが少なくないです。国内でもこの薬の眠気によって何件かの死亡事故が広告されれています。特に多いのが3~4月にかけてです。興味あるデータからこの3~4月に多い理由として、花粉症が多い時期ですので、花粉症治療薬としての副作用が考えられます。いかに副作用による死亡事故が多いかがわかります。最近では眠気のない花粉症治療薬も開発されていますので、もしこの薬を希望でしたら医師や薬剤師会に相談してみてください。たくさんの種類がある抗アレルギー薬も年々開発が進んでいますので、すべての薬に眠気がなくなるかもしれません。そうなれば死亡事故が激減してくるでしょう。
皮膚炎についても同じようなことが言えます。皮膚が紅くなって痒みを伴った場合に、抗アレルギー薬を服用して眠気を催すことがあるからです。最近では皮膚炎などのアレルギーを発症する人が増えていますので、やはり眠気などの副作用をいかに抑えるかが大変重要になってきています。
薬に副作用はつきものです。副作用をなくすることで、その薬の売り上げは、数倍以上伸びるといわれています。抗アレルギー薬だけにかぎらず、いかに副作用をなくするのかがどこのメーカーも大きな課題になっています。そのことでメーカーには数百億円の利益が生じます。