花粉症がもたらすアレルギー症状を抑えるために処方されるのが、抗アレルギー薬と呼ばれる薬です。
花粉症はヒスタミンという原因物質の作用により、くしゃみや鼻水、頭痛、目のかゆみといった症状が発生するのですが、抗アレルギー薬はこのヒスタミンの発生や放出を抑制することにより、アレルギー症状を抑える役割を担っているのです。

ヒスタミンを抑制する抗アレルギー薬は、以前は医療機関で処方してもらう薬でしたが、現在は薬局やドラッグストアでも市販されています。
また最近はジェネリックの抗アレルギー薬も徐々に販売されてきていますので、比較的安い価格で購入することも可能です。

抗アレルギー薬の効果的な服用方法としては、花粉症によるアレルギー症状が発生する前からの服用が知られています。
これは予防的効果を狙った服用方法で、花粉によりヒスタミンが生成されてしまう前に、少しでもその発生を抑えてしまおうというものです。
現在市販されている抗アレルギー薬は、基本的に副作用が少ないものばかりですので、花粉シーズンに入る前から飲み続けていても、身体に過度な負担をかける心配も不要です。

ただし抗アレルギー薬に全く副作用が無いわけではありません。
よく知られているように、これらの薬によって強い眠気をもたらされる場合があります。
ですから薬を服用するタイミングについては十分考慮する必要があり、場合によっては医師の相談を仰いだほうが良いケースも考えられます。

またひとくちに抗アレルギー薬といってもさまざまな種類のものがあります。
同じ薬でも人によって効果に個人差がでてきますので、市販されている薬の中から、自分の体質にあったものを探し出すことも大切な作業になります。