アレルギーは、種類や症状も様々です。
アレルギーは、自身の体の機能として受け入れることが出来ない、または処理しきれないものに対して、体全体を過敏にさせていたり、拒絶反応を起こしていたりする状態で、表面的なものから体の中で生じる異変に至るまで、症状の現れ方にも違いがみられます。
体が受け入れることができない外敵によってもたらされるアレルギーの中には、通常であれば安全とみなされる食材の場合もあれば、誰しもが有害ととらえる化学物質まで、症状を作るきっかけとなるものの種類は幅広く存在します。
それに対して、反応を示す人と、一切の症状を作り出さない人の違いも存在します。
それらは、体質的な要素が影響しています。

アレルギー症状として、表面的に見て取れるものとしては、皮膚に現れる炎症、湿疹、じんましん、腫れなどが挙げられます。
いずれも痒みを伴うことが多くみられます。
体の内部に起こる症状としては、アナフラキシーショックや喘息をはじめとする呼吸機能の障害などがあります。
いずれも辛さがのしかかりますので、それぞれの発症部位に応じた、適切な治療が必要になります。

アレルギーを発症させる要因としては、体質的なもの以外に、日常生活の過ごし方によって作り出しているものがあります。
睡眠をしっかりと確保して、休息を心掛けていれば反応を示すことのないものでも、多忙な日々が続き疲労が解消しきれないでいると、アレルギー反応を起こすことがあります。
すなわち、アレルギーは、日常の心掛けひとつで、症状を生み出さないで済むことができるものでもあります。
歯止めをかけることによって、疾患の種類を増やしてしまうアレルギーマーチを引き起こすこともなくなります。